歯並び 育ちの良さ

歯並びの良さは、育ちの良さを感じさせる。

スポンサーリンク

人間の体の中でとにかく白いものはとなると、白髪を除外して考えると間違いなく顔の中にあります。
通常口は閉まっており唇しか見えませんが、しゃべったり笑ったりすると白い歯が見えます。
この隠れているものが見えるときの印象は、時としてインパクトを与えるものです。
瞬間的であったりすることも一因ですが、人間同士のコミュニケーションは当然口から発せられる言葉によってなされており、どうしても口元には目線が向いてしまいますからそこからの印象は強い作用を持っているからです。
注目を集める口元、そして見える歯の白さが際立ったりすると清潔感が強く印象付けられたりするわけです。
白の持つイメージは光り輝く清潔感ですから、当然の帰結とも考えらます。
ところで歯の白さだけが印象を形成する要素ではありません。
同様に歯並びも重要な要素です。
スポンサーリンク

では、歯並びの与える印象を考える際に単なる歯がきれいに並んでいることだけを考えるのではなく、すきっ歯(スキッパ)を超えた歯の欠損がある場合をまず想像してみましょう。
ちょっと極論になるかもしれませんが、結構日雇い系の人とかホームレス系の人に歯の欠損のある人が多々見られたりします。
簡単に言えば、ちょっと貧乏っぽい雰囲気が歯の欠損からは伝わってくるのです。
にやっと笑った歯欠けの口元からは品格がないとの強い印象がもたらされるのです。
たとえ歯が欠けていないとしても歯並びが悪いと不思議と品の良さとは結びつくことはないのです。
輝く白さが清潔感を表象し、整然としたものが品性や品格を同様に表象していると考えればわかりやすいかもしれません。
従って歯並びの良さは、育ちの良さを感じさせるものであると言っても言い過ぎではないと考えられます。
スポンサーリンク