歯並び 自力 直す

歯並びを自力で直す方法

スポンサーリンク

歯並びの悪さはライフスタイルの影響などの要因もありますが、遺伝という場合もあります。
ライフスタイルの影響としては、横向きやうつ伏せなどの寝方や頬杖といった姿勢に関することや、舌を前に出したり唇をかむといった癖、口呼吸なども関係しています。
また食生活が偏ったり乱れたりしたことで、顎の発育が悪くなり、それが歯並びにも影響を及ぼすこともあります。
遺伝の場合は仕方ありませんが、それ以外の要因としては、どれもちょっと努力してライフスタイルを改善すれば、少しは歯並びが良くなる可能性もあります。
よって姿勢を正しくするように心がけ、癖に関しては気にすることで改善するようにしましょう。
また食生活に関しても、柔らかい食べ物や清涼飲料水ばかりを摂取せず、栄養バランスも考えて固いものなども食べるように心がけると良いでしょう。
スポンサーリンク

歯並びを自力で直す際に効果的な方法は、いくつかあります。
まず簡単な方法として、ガムやペットボトルを使うという方法があります。
ガムは噛み合わせを矯正するトレーニングに最適で、奥歯で噛んだら舌で持ち上げて口蓋に広げ、ガムがずれないようにしながら奥歯を噛み、唾液を飲みこむようにしましょう。
ペットボトルは咥えて持ち上げることで、唇を鍛えることにつながります。
他にも道具を必要としない方法で、唇や舌のトレーニング方法もあります。
また口呼吸の改善のためには、頭が少し沈む程度の柔らかい枕で、あおむけに寝ることが効果的です。
さらに市販品の鼻呼吸促進グッズなどもあるので、それらを利用するのも良さそうです。
そしてもっと本格的な方法では、歯科医が開発したパタカラという装置を使うという方法もあります。
もっともこれらを使っても改善が難しい場合は、やはり矯正器具を利用しましょう。
スポンサーリンク