赤ちゃん 歯並び 遺伝

赤ちゃんの歯並びは遺伝の要素もあります

スポンサーリンク

歯並びを気にしている方は、赤ちゃんに自分の歯並びが遺伝してしまうのでないか、と一度は考えてしまったことがあるかもしれません。
歯並びには、先天的、後天的、どちらの要素もあるといっていいでしょう。
先天的な要素としては、骨格はどうしても親に似てしまう、ということがあります。
歯の大小も、遺伝によるものが大きいです。
後天的な要素としては、片側の歯でばかり噛んでしまう、という噛み癖や、舌を正しい位置に置かないということも、歯並びに影響を及ぼします。
ちなみに、上顎の上側のくぼみに舌先をつける、というのが舌の正しい位置です。
下顎に舌があると、口が開いて口呼吸になってしまったり、下の歯を舌で押すことで、下の歯が上の歯より出てしまう、ということになってしまう可能性がありますので、注意が必要です。
赤ちゃんの歯並びで、多くの方が、この下の歯が上の歯より前に出てしまう、いわゆる反対咬合を気にしていらっしゃるようです。
これは成長とともに、自然に治るケースもあります。
もし治らなくても、3歳頃から睡眠時のみマウスピースを装着する、という治療も現在では広く行われているので、深刻になる必要はないようです。
スポンサーリンク

赤ちゃんに最初の歯が生えてくるのは、だいたい一歳前後です。
一歳から一歳半ごろ行われる自治体の一斉健診で、歯科医師の診察があるところも多いので、もし気になる点があるのでしたら、相談されることをおすすめします。
ただ、この段階では、矯正については、もう少し歯が生えてくるまで様子を見ましょう、という回答になることが多いかも知れません。
しかし、いつ頃から検討すれば良いのか、どういった方法があるのかをあらかじめ聞くことができますので、それだけでも有益でしょう。
大切な赤ちゃんのお口の健康のためにも、早いうちにかかりつけの小児歯科を作っておいて、定期的にフッ素の塗布やお口のチェックを行ってあげたいものです。
そうすることで、赤ちゃんのうちから歯科の受診に慣れておくと、もし歯列矯正をすることになっても、受診をスムーズに行うことができるようです。
スポンサーリンク